デグー・チンチラの診察紹介

デグー・チンチラの診察紹介

南米系のテンジクネズミの仲間は冷涼な山の岩場を出身とするネズミの仲間です。1年を通じて冷やして飼う点や、牧草を主食にして繊維質を多く取る様にする点など、同じネズミのハムスターとは飼い方がだいぶ違います。ハムスターよりも手間のかかる動物の印象ですので、しっかりと準備をして飼育をはじめましょう。

不正咬合

チンチラやデグーの体重減少の原因で一番多いのは歯の問題ではないでしょうか。チンチラやデグー、モルモットは全ての歯が一生涯かけて伸び続けます。一定以上の牧草を食べて、正常な歯であれば何もしなくて大丈夫です。不正咬合の予防は「1日にできるだけたくさんのイネ科の牧草を食べる」事です。

「ヨダレが多い」や「歯ぎしりが多い」などが病気のサインです。1ヶ所でも伸びると歯が舌や頬に刺さって食べれなくなりますので、すぐに治療が必要です。専用のカッターや数ミリしかない小さなドリルで歯の形を整えて治療します。特にデグーマウスは200gと小さく、口も狭いですので、当院では特注で作ってもらった器具で処置を行います。デグーマウスは一番奥の歯が変形するパターンもありますので、見逃しがない様に診断していきます。チンチラやデグーマウスはウサギとは大きさが違うため、より小さな器具を使用して対応します。当病では様々な小道具をそろえており、迅速に処置を行います。

チンチラやデグーの不正咬合

尾の皮が取れた

デグーやチンチラの尾は何かに挟まったときに、皮ふが抜けてしまう構造になっています。筋肉や骨が出てしまい、出血が続く場合がありますので治療が必要です。
多くの場合は断尾手術になりますが、当院で対応可能です。極細の糸で皮ふや筋の縫合を行い、端部を整えていきます。

デグーやチンチラの断尾

毛が抜ける、皮フが赤い

小型のげっ歯類の皮フには元々皮膚病の原因となるカビが少数だけ生息しています。
飼い始めたばかりの子供や夏の時期になると脱毛といった形で症状を出す場合があります。
手の周りや顔に赤みのある脱毛が見られたら、診断して治療しましょう。

ペニス脱

発情している雄はペニスを時折出していますが、毛や砂と絡まり戻せなくなる事があります。ペニスの先端が腫れあがり、悪化すると自力では戻せなくなります。痛みから自咬するまでになると、外科的な処置も必要になりますので、気にしている様でしたら早めに治療を行いましょう。

  • 拡大
  • 標準