大蛇のペットシーツ誤飲の話

BEN犬猫エキゾの病院、院長石川です。

2メートルを越える蛇となると、普通に大きいと感じるサイズになります。

これらの蛇になると、床材で敷いているペットシーツを間違って食べてしまう事があります。

丸まったシーツが、餌のネズミに見えるのか、あるいは餌のネズミと一緒になって誤飲してしまうのか。

気がついたらペットシーツがなくなって、お腹がパンパンの蛇さんが居るという状況が出来上がります。

自然と吐く場合があり、それは非常にラッキーですが、いつまでも吐かない時は注意です。

なにげに、持久力があるので、2~3週間は食べなくても生きていますが、さすがに3週間も待ってはいけないと思います。

最終手段は外科手術で胃や腸から取り出す訳です。切るかどうかの基準は難しく、シーツの大きさ、動物の体調、経過した日数などを飼い主さんと相談した上で、決めていきます。

BEN犬猫エキゾの病院

院長 石川雅章

 

BEN犬猫エキゾの病院 ブログ TOP
BEN犬猫エキゾの病院(千葉市若葉区動物病院・犬 猫 ウサギ 小動物 は虫類 両生類 鳥類)