ヒーターの低温火傷の話

BEN犬猫エキゾの病院、院長石川です。

12月に入り、低温ヤケドの患者さんを見る様になりました。

安全に使いましょう。

冬季になると爬虫類、鳥類、ハリネズミ、ハムスターなどは保温が必要になると思います。

しかし、使い方に注意を払う必要があります。

「熱源に直接触れない。」

が重要です。

言い換えれば、

「間接暖房で距離を置いて暖ためる。」

となります。

寒そうといって、ケージの中にヒーターを入れてしまうと、火傷の危険が高まります。

動物がヒーターにピッタリとくっついている状況が危ないと思うのです。

ケージの外から暖める方法がおすすめですので、部屋ごとエアコンやオイルヒーターなどで加温する方が良い場合があります。

手持ちの器具が、どこまで暖かさが届き、どこまで暖かく出来るのかをよく確認して、安全に冬を過ごしましょう。

BEN犬猫エキゾの病院

院長 石川雅章

 

BEN犬猫エキゾの病院 ブログ TOP
BEN犬猫エキゾの病院(千葉市若葉区動物病院・犬 猫 ウサギ 小動物 は虫類 両生類 鳥類)