リクガメの膀胱結石の話

BEN犬猫エキゾの病院、院長石川です。

リクガメの病気で有名なのは「膀胱結石」です。

オシッコを貯める膀胱の中に、石が出来てしまう状態です。

正常でも尿酸という「固形のオシッコ」を排出する動物ですので、多少の尿酸が出るのは普通です。

以前に書いた「クロアカ結石」は外から触れる石になりますが、膀胱結石は外科適応になるケースが多いです。

大きい石なら「開腹手術」となります。

亀で開腹という事は、甲羅を外科用の電気ノコギリで切断するという意味になります。

台形に切り込みを入れ、筋肉と甲羅だけがつながった状態にして開けるのです。

正直、大型のリクガメになるとかなり大変です。硬く厚い甲羅を正確に切っていくのは根気のいる作業です。

膀胱結石を摘出しなければ、亀さんは助かりませんので、スタッフ一同で力の限り手術を進めていきます。

手術を成功させるのも大切ですが、最も大切なのは「結石を作らない状態で飼う。」という点です。

BEN犬猫エキゾの病院

院長 石川雅章

 

BEN犬猫エキゾの病院 ブログ TOP
BEN犬猫エキゾの病院(千葉市若葉区動物病院・犬 猫 ウサギ 小動物 は虫類 両生類 鳥類)