夏季にヒーターをつけるのかの話

BEN犬猫エキゾの病院、院長石川です。

夏季から多い質問に、「夏でも保温はした方が良いのか?」という内容です。

多くは鳥の飼い主さんか、爬虫類の飼い主さんの質問です。

2020年の7月にこのブログを書いていますが、確かに暑いです。昼間の外は30度近くあるでしょう。

基本の気温が高いのに、更にヒーター類を使って熱中症にしてはいけません。

「病気の小鳥→とりあえず保温」という発想は夏季には要注意です。

ヒーター類は手段であって、目的ではありません。

例えば、

「28度位で管理したいので、温度が足りないから50wのヒーターを入れた。そうしたら目的の温度になった。」

は良いかもしれませんが、

「鳥が病気っぽいので、何となくヒヨコ電気をつけてみた。」

は失敗しているかもしれません。

何が危ういかというと、目的を設定しないまま、加温を始めている点です。

夏季は普通にしていても28度位はあるでしょう。もっと暑い時間もあるはずです。

目的の温度を決める事なく、夏季にヒーター類を入れるのは危ないと思います。

まずは「目的の温度の範囲を決めて」から始めて。

「温度をこまめに測定して」

「動物が本当に快適か?」

を確認しながら進めるのが良いです。

また、動物さんの体調や時間帯によっても変わってきます。

とりあえず、夏の雑な保温はリスクがありますか、よく温度を計って判断して下さい。

BEN犬猫エキゾの病院

院長 石川雅章

 

BEN犬猫エキゾの病院 ブログ TOP
BEN犬猫エキゾの病院(千葉市若葉区動物病院・犬 猫 ウサギ 小動物 は虫類 両生類 鳥類)