デグーマウスの歯の異常は気がつきにくいが、気がつける事もある話

BEN犬猫エキゾの病院、石川です。

デグーマウスは前歯、奥歯が永久に延び続ける性質を持っています。

硬い牧草を食べるだめです。

時に、ゆがみが出ると「不正咬合」になってしまいます。

歯が異常な方向に伸び続ける状態になる訳です。

これで「長い」歯の断片です。

デグーは非常に小さな口をしていますので、外から伸びた奥歯を観察するのは大変です。

ただ、よく観察されている飼い主さんは

「歯ぎしりが多い。」

「体重が落ちた。」

「ヨダレが出ている。」

と言って動物病院に連れて来られます。

異常な歯を直接見て、変化に気がつく事よりも、外見の変化を拾っている感じです。

写真の歯を処置するのに、2種類の光源と、2種類の綿棒、3種類の歯科器具を使用しています。無事に処置を終えて帰宅されました。

動物病院内で診断と処置をするのは獣医師の仕事ですが、家で「何となくおかしい!」と思って連れて来るのは飼われているご家族の仕事です。

普段から良く観察して早目に処置が出来ればいいなと思う次第です。

BEN犬猫エキゾの病院

院長 石川雅章

電話 0433078296

 

BEN犬猫エキゾの病院 ブログ TOP
BEN犬猫エキゾの病院(千葉市若葉区動物病院・犬 猫 ウサギ 小動物 は虫類 両生類 鳥類)