スペースニードルの思い出

今回は雑談を。

患者さんが入ることのない診察室の裏には、診察で使う様々なジャンルの書籍が保管してあります。

その中の1つ。

「スペースニードル」に鳥、ウサギ、カメレオンが居ます。

スペースニードルはアメリカの「シアトル」のシンボルタワーです。そこに「エキゾチック」な動物たちがいる。

私、石川が2011年度に行ったアメリカの鳥類・哺乳類・爬虫類の学会にの資料です。

 

添乗員なし、通訳なしの身一つでシアトルまで行き、完全に挙動不審で会場を動き回っていたのを覚えています。

英語は専門用語が飛び交うため、ホテルで予習復習。それでもやっと、概要が分かる位。

「エキゾ」の情報は英語圏の文献が主です。

ペラペラに会話ができなくても、英語の専門書が読めればなんとか仕事になります。

この時ほど、獣医英語の勉強に集中した時はありませんでした。

 

たまにシアトルの学会の冊子を見ると、「英語の文献やってみようか!」という気持ちになります。

普段に診察でもサラッと喋っている事の中には、英語の書物がネタ元であるときもあります。

英語の自慢ができる程のスキルはありませんが、読んだ文献で1つでも役に立つ事があれば良いと思って読み進む訳です。

 

画像の表紙は私のモチベーションUPのお守りみたいた存在です。

 

BEN犬猫エキゾの病院

石川雅章

 

BEN犬猫エキゾの病院 ブログ TOP
BEN犬猫エキゾの病院(千葉市若葉区動物病院・犬 猫 ウサギ 小動物 は虫類 両生類 鳥類)