鳥の過剰発情について

鳥の発情について語る動物病院、BEN犬猫エキゾの病院、院長石川です。

写真はもろくも変形したインコの卵です。

カルシウムが不足して弱い卵になってしまったのです。

繁殖を目的としていないのなら、発情や産卵は体に負担がかかる行為と考えます。

特に産卵はカルシウムやたんぱく質、ビタミンなどを体の外へ出す事になります。

事前に出来る事は

「発情させない環境」

「栄養管理と節制」

です。

その要点は………

 

診察で詳しくお話しています。

実際の飼育環境、食事、飼い主さんと鳥さんとの関係を見てお話しています。

セキセイインコは正月明け、文鳥ならクリスマス明けが最も発情がきつくなります。

今の内から飼育環境を整えておくのはいかがでしょうか?

 

BEN犬猫エキゾの病院

院長 石川雅章

電話 0433078296

 

BEN犬猫エキゾの病院 ブログ TOP
BEN犬猫エキゾの病院(千葉市若葉区動物病院・犬 猫 ウサギ 小動物 は虫類 両生類 鳥類)