ウサギの外科処置

ウサギの避妊手術をすすめる動物病院、BEN犬猫エキゾの病院、院長石川です。

ウサギの外科処置は危ないのでしょうか?

当院は犬も猫もウサギも手術を行っています。動物だからだいたい同じとは行きません。

ウサギは犬猫のついでではなく、ウサギ用に外科器具を揃え、ウサギ用に麻酔の準備をする必要があります。

ウサギの小さい種類になると大人でも1kg位です。猫で言えば生後2~3ヶ月前後の体重です。

明らかに大きさが違うのです。大人の猫は3~5kgが標準体型ですので、大人のウサギとは3倍以上の体格差です。

犬や猫で使う外科器具でウサギの手術を行うと、かなりやりにくくなります。ウサギの時は犬猫に比べて全て一回り小さな器具にしていくのです。

当院はウサギの専門病院ではありませんが、「エキゾの病院」と名乗っていますから来たウサギさんにはきちんとした医療を提供していきたいと思います。

6月後半から7月にかけてはウサギさんの手術が続きました。去勢手術、服腔内陰睾の去勢手術、病的子宮の避妊手術、根尖膿瘍排膿処置です。

特にメスのウサギには予防的避妊手術を勧めています。メスのウサギを飼っている方は来院して話を聞いてみてはどうでしょうか?

 

 

BEN犬猫エキゾの病院

院長 石川雅章

電話 0433078296

 

 

BEN犬猫エキゾの病院 ブログ TOP
BEN犬猫エキゾの病院(千葉市若葉区動物病院・犬 猫 ウサギ 小動物 は虫類 両生類 鳥類)